解体工事

晴栄運送では、経済的な解体工事を提供できます!

内装解体工事、店舗解体工事、現状回復工事、廃棄物処分の事なら弊社まで!

当社は、産業廃棄物の収集運搬・処理の許可を取得し、東京では数少ない中間処分会社なため、解体から処分まで

一貫したサービスのご提供が可能です。


1 飲食店リニューアルに伴う内装解体工事

2 個人のお客様のお部屋の内装解体工事

3 キッチン、お風呂場などの部分解体工事

4 ご自分で解体工事をされた後の廃棄物処理

5 その他解体に関するご相談、お待ちしています。


お見積りは無料です!お気軽にお問い合わせ下さい!!

 

 

マニフェスト.jpg

 

事業エリア

【 解体工事 】

 <東京都>   千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・目黒区・

                      大田区・世田谷区・渋谷区・ 中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・

                      練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・品川区・他         

 <埼玉県>   さいたま市・草加市・八潮市・三郷市・川口市・鳩ヶ谷市・蕨市・戸田市・越谷市・他

 <千葉県>   千葉市・浦安市・市川市・松戸市・流山市・野田市・柏市・船橋市・鎌ヶ谷市・他

 <神奈川県> 横浜市(神奈川区・西区・保土ヶ谷区・南区・中区)・

                      川崎(多摩区・高津区・宮前区・中原区・幸区・川崎区)・他

 

     *上記記載地区は、産業廃棄物収集運搬業許可取得済み 。

     *残置物の撤去処分のみのご依頼も承ります。

   

 

当社は中間処理施設所有の為、解体発生材はもちろん、解体前の残置物も適正価格にてご処分致します。

ご注意ください

とにかく安さだけを売りにしている解体業者が存在しますが、中には工事の後、廃材を地中に埋めたり、産業廃棄物を

不法投棄するなどしっかりとした処理を行わない業者も存在します。

建設リサイクル法に定められた義務を怠ったり、無許可の解体業者による不法投棄は自然環境を損なうばかりではなく、

施主(解体発注者)も法的に罰せられてしまいますので、マニフェストの提出確認はもちろん、そのほか細かな点についても

業者の選定には注意が必要です。

※弊社の場合、産業廃棄物の収集運搬及び産業廃棄物処分業(東京都許可・埼玉県許可)の許可を取得し法令に基づき

廃棄物管理を一括で行いますのでご安心してご利用いただけます。

健康とアスベスト

    アスベストは社会的な問題になっています。

□ アスベストとは?
   天然の鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。繊維状で加工しやすく耐火材や保湿材など幅広く使われて

   きました。アスベストはそれ自他が問題ではなく、「飛び散る」「吸い込む」ことが健康被害の誘因と言われています。

□ アスベスト問題とは?
   現在、深刻な社会問題になっているアスベスト(石綿)ですが、日本では高度経済成長を向かえた1960年代から

   使用量が増えました。これはアスベスト(天然の鉱物繊維)が、熱、摩擦、酸やアルカリに強い特性を持ち丈夫で変化

   しにくく、加工しやすいことから建設等に幅広く用いられ、また建物の耐火性などを高めるために吹き付け材として使用

   されてきたためです。
   しかし、昭和50年以降、アスベストによる吹き付けが禁止され、アスベストの中でも毒性が強いとされる青石綿

   (クロシドライト)や茶石綿(アモサイト)の使用が規制されるなど、様々な対策が取られてきました。


  ※一般の日常生活においてアスベストによる健康被害の可能性はほとんど有りません。現在問題になっているのは、
    過去にアスベストを扱う仕事などをされていた方の中から健康被害の報告が出ていることと、アスベストを扱う事業所
    周辺に居住していた方々の健康不安などが生じている点です。

建築リサイクル法とは

  延べ床面積80u以上の建設物の解体工事を行う場合には、「建設工事にかかる資材の再資源化等に関する法律

 (通称:建設リサイクル法)により届出業者しか解体工事を行えません。よってその届出業者かどうかの確認は必要です。

 

□ 建設リサイクル法の主な内容

   ・対象建設工事の発注者又は自主施行者に分別解体等の事前届出義務

   ・対象建設工事の受注者に、工事現場での分別(分別解体等)及び再資源化等の実施義務

   ・発注者と受注者(元請業者・下請業者)との契約手続き等の整備

   ・解体工事業者の登録制度の創設

   ・上記義務の履行を担保するための罰則規定

 

□ 届出について
   ・解体工事を着工する7日前までに分別解体等の届出書を提出する必要があります。

    届出は発注者本人(お客様)か自主施工の業者以外が届け出る場合委任状が必要になります。

    ほとんどの方は解体業者さんにお願いすると思いますので、委任状が必要になります。

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 03-3889-5383

受付時間 : 8:00〜17:30(日祝祭日は除く)
担当 : 関口

お問合せフォームはこちらへ

しつこいセールスは一切しておりません。お気軽にお問合せ下さい。

 

▲このページのトップに戻る